So-net無料ブログ作成

うしのつの [読み物]

バッファローホーンと言った方がとおりが良いですね。
まあ「牛の角」と書くと「うしのかど」とか某焼き肉・・・なんて考えてしまう私なので
ひらがなで書いてみました。
 
 
このバッファローホーンですが、それなりの機能を持ってます。

釣具としては、濡れても樹脂なんかよりは滑りにくいとボクは思います。
 
そして、生ものなので同じモノはほぼありませんから、なんとなくプレミア感もあるのではないでしょうか。


とはいえ、自然素材なので加工するとなると、ちょっと厄介な部分を持っています。

まず、形がばらばら、堅さもばらばら、色合いもばらつくのであります。
IMG_1320.JPG
私のところに来た「つの」です。ご覧のとおりのありさまでして、
これをノブに加工していくのです。

IMG_1322.JPG
ひとまず円筒にします。たいていここまでに3割くらいがオシャカになります。
ほとんどの場合はクラックの入っているのが見えて、素材としてつかえないと言うパターンですね。

IMG_1331.JPG
仕上げをしろを残して粗加工が済んだノブです。
この後高確率で歪むので、このまま数ヶ月寝かせてから仕上げます。

さらに、色合い別に並べてます。
一般的に、純白に近いモノは数がとれませんので、貴重なんだとは思うのですがね。
茶色などの暗色が多いものは、アルミの生地には映えるので良い感じですし、一概に貴重だから良いとは言いがたい。
また、人気があるのは白地に暗色の斑模様だったりするのでしてね。
ま、結論とすると「お好みで」ということにしておきたいと思ってます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0