So-net無料ブログ作成
検索選択

追い込み中 [加工の話]

 ハンドクラフト展までの最後の土日でした。

ボクは追い込みですから当然、創作活動をしました。

正直「あわよくば」と考えていたモノもあるのですが・・・それは無理っぽいことが明らかに・・・。

ともあれ、新型を含めまして、すべてのモデルは展示できそうですので、どうぞお楽しみに。

で、本日は、ブラストショットをしましたので、その話でも・・。

Model401の場合、ポリッシュと梨地と2つの仕上げを用意しているのであります。

そんなわけで、梨地に仕上げるために、サンドブラストをするのでありますが・・・。

混同される場合が多いので、あらかじめ申し上げますが、梨地とつや消しは違います。

梨地は、表面に凹凸はありますけど光沢があるものを言います。逆に、つや消しは光沢がないものであって、表面の凹凸は関係ないんですね。

言い方を変えますと、梨地とポリッシュは、実はあまり遠くない仕上げなのです。 いずれも、バフをかけてぴかぴかにするまでは一緒なんです。

ポリッシュは、しっかりバフをかけた後、パーフォレートをして、その後軽くバフを当てます。
梨地は、しっかりバフをかけてから、パーフォレート、その後、ブラストショットを行います。

だから、ほとんど手間は変わらないのでしてね・・・。 一番楽なのは、切削した後に酸で洗って、つや消しにするのが・・・まあ、ほとんどしませんけど・・。

で、梨地仕上げをするために、まずサンドブラストのメディアを変えるため、ブースの掃除をして、ガラスビーズを入れます。 
実は、けい砂を入れてあったのですわ。塗装落としをするためにね~。
ちなみに、珪砂でブラスとすると、たちまち塗装がはがせます。 実は依頼されて、某メダリストの塗装をはがす作業をしたのでしてね・・。

話がそれました・・。 で、梨地にしまして、こんな感じ。

IMG_0232.JPG

矢印の2つが梨地であります。 いかがでしょうか?

で、突然思いついて、これで模様でも入れてみようかと・・・401に貼ってあった保護フィルムをマスクにしてやってみましたが・・

IMG_0230.JPG

使い方としてはありかもしれませんが、模様としては再考の余地ありですかね。 あとで全体にブラストしておきましょう。

なお、このサンドブラストのメディアであるガラスビーズは作業していると静電気がえらく発生するので・・・・けっこう冬はたいへんなんです。

ばっちんばっちんなんですな。一応、アースはとってあるのですが・・・。

ブログランキング参加中
クリックをお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。