So-net無料ブログ作成
検索選択

アルミの板 [加工の話]

だいぶ寒くなってまいりました。

ハンドルの材料であるアルミの板が、底をついた・・・・

こういう表現は適正でないですね。 在庫ならいくらでもあるのでして、なくなったわけではないのであります。

でも、それを使うようにするには、少々手間がかかるという事情がありましてね。

実は、在庫しているアルミの板は、少々大きいのでありまして・・・・

小分けしないと扱いにくいのでありましてね。

はい、定尺なんですな。その姿は以下のとおり・・。

5052.jpg

実際、アルミの定尺の板は、1000×2000でして、畳よりもひとまわり大きいのでありましてね。間違いなく、個人のレベルでは「もてあます」サイズなのでして、保管するのさえ たいへんなのです。

特に、厚さ3mm未満の場合は、切り売りの対象ではないのです。 ホームセンターとかで薄板が小口で売られていますが、仕入れ先とかで加工して、販売しているのが一般的なんですよ。

そのため、キロいくらで値段が決まる鋼材屋さんと違って、びっくりするほど価格が・・・・。

って、いうことも多いのでしてね。

ということで、このアルミ板、仕入れたのは・・・確か8年ほど前になりまして、「良い出物があるんだけど、どう?」って言われて、その時に財布に入っていたお金と相談して3枚買ってしまいました。

いわゆる衝動買いってやつですね~。お買い得ではあったのですが・・・。

そして、一度50cmほど小分けしたのを最後に、今日まで姿も見ないような状態でした。

こういうものって、長いこと立てかけておいたりすると、自重で曲がってしまうのでしてね。このアルミ板も変形防止のために、工房の壁に押しつけて、コンパネを重ねてビス留めして保管してあったので、今日までは壁の一部であったのですわ。

そんで、せっかく引っ張り出したので、みんな小分けしてしまうことにしました。やはり、使うことを考えると、こぢんまりと在庫しておくほうが良いに違いないですからね。

500×1000を8枚と、300×1000を5枚作っておきました。

簡単に書いてますけど・・・実は切るのはけっこうたいへんなんですわ・・・・。

が、冷静に考えると、500×1000を使うために、8年もかかったわけですよ。これを使い切るためには、どのくらいの時間がかかるのだろうか・・・・・。

ブログランキング参加中
クリックをお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。